秋田市飯島T様邸 屋根塗装、秋田市桜ガ丘G様邸 全面塗装完了しました

秋田市飯島T様邸の屋根塗装と秋田市桜ガ丘G様邸の全面塗装が完了しました。

 

 

秋田市飯島T様邸は母屋の屋根塗装と小屋の屋根葺き替えのご依頼でした。小屋はガルバリウム鋼板にて葺き替えをし、屋根に関しては、耐久性の高い2液の塗料にて塗装をさせて頂きました。

2019施工事例10月

2019施工事例10月 2 2019施工事例10月 3

 

 

 

秋田市桜ガ丘G様邸は外壁・屋根の全面塗装で外壁の1階タイル調の箇所は2色塗り分けのご依頼でした。

塗料は屋根は2液のシリコン塗料、外壁はラジカル制御塗料にて塗装をしております。

2019施工事例10月 4 2019施工事例10月 5 2019施工事例10月 6 2019施工事例10月 7

 

外壁の2色塗り分けについて簡単に説明していきます。

 

こちらは施工前の外壁です。色も褪せてきて塗膜の剥がれも散見されます。

IMG_4407

 

 

まずは足場を組み、高圧洗浄、コーキングの打ち替えを行い、下地調整を施してから下塗りを行います。こちらはニッペのパーフェクトサーフを使用しております。外壁材の補修成分と色付きの塗料の密着性を高める下地材になります。DSCN8397 IMG_4659

 

 

次に中塗りを行います。2色塗り分けの目地の色を全面に塗装します。ここではニッペのファインパーフェクトトップ の ND375を塗装してます。DSCN8406 IMG_4663 IMG_4662

ND-375

 

最後に上塗りで仕上げとなりますが、繊毛ローラーという毛先の極細のローラーで、目地に色がつかないように斜めに塗装し、仕上げていきます。タイル面の色はニッペファインパーフェクトトップ ND343にて塗装してます。DSCN8415 DSCN8416 IMG_4633 IMG_4674

遠目で見るとわかりづらいのですが、近くで見ると塗り分けがよくわかります。

最近はタイル調や高意匠外壁は透明なクリヤーで塗装する事が多くなりましたが、経年劣化などで補修が必要な場合や、色味をガラリと変えたい方には塗り分けをお勧めしております。

 

Comments are closed.